本文へスキップ

タオ気功整体研究所は東洋医学本治法の六つの治療システムを源に古典鍼灸、整体、気功を総合的に取り入れ 根本治療のシステム 体の重心傾斜と経絡の診断、治療経穴(ツボ)の選定までをシステム化した治療法人体ツボの新秘法”(ツボ療法)のご紹介と、治療法により開発し身近に利用できる健康グッズ(ツボに作用のシステムグッズ)PAT取得 をご紹介しています。

電話 FAX E-mail

ホームヘ

 ツボの新秘法 ツボに作用のシステムグッズ ®©NEWS&FAQ

装着による体温の変化のサーモグラフィによる実験

 痛みは「体のゆがみ」が原因になって起こります。そのゆがみをもたらすものを、東洋医学では外因と内因、不内外因とに分けています。それは、つまりリンパの流れや気血の流れに滞りを生じる要因となるものです。 全身のバランスを回復し、痛みや変形を解消させるツボに作用のシステムを編成加工し実装した製品の装着によって体温が変化する様子をサーモグラフィの計測によって確認いたしました。

 環境:外気温7℃ 室温20℃ 湿度55% 11月下旬の寒い時期
装着5分後の計測の比較 
未装着・普通の製品装着・本製品装着
 ゆがみを治せば痛みはとれる     不調改善の安眠・快眠・健康グッズ